各種予防接種

各種予防接種 混合ワクチン

ワクチン

ワクチン

ワクチンとは無毒・弱毒化した病原体をあらかじめ注射することで、その病原体に対する抵抗力をあらかじめ上げておき、いざ 病原体が侵入したときに自分の体を守るものです。

犬のワクチンは、狂犬病ワクチンと混合ワクチンに分かれます。
狂犬病のワクチンは 狂犬病予防法により飼い主に義務づけられており、必ず接種する必要があります
特に最近では、隣国の台湾で50年ぶりに狂犬病が発生しています。
人間にも感染し発病すれば致死率100%の恐ろしい病気なので必ず予防しましょう。

ワクチン等の予防注射を受けないまま飼うのは、ワンちゃん・ネコちゃんにとっては自身の予防の意味もありますが、伝染病にかかってしまうと、周囲の動物や、 ある種の病気は人間にもうつってしまうので、とても危険です
体の小さな動物は、いったん病気になってしまうとすぐに命にかかわってしまいます。
人間の定期検診のようにと同じような感覚で、ワンちゃん・ネコちゃんの体のメンテナンスに気を配ってあげてください。

混合ワクチン

混合ワクチン

混合ワクチンは犬・猫に接種します。
こちらは法律では決まっていませんが、 万が一かかってしまった場合は命に関わるような病気も多くあります
その意味では伝染病による病気は怖いものですが、どれもワクチンによる効果が高く、ちゃんと 定期的に予防接種をしておけば安全です

ウィルスを保有している動物は、排泄物などにより体外へウィルスを排出しますので感染するリスクも高いです。

当院としては、特に ワンちゃんでは8種混合ネコちゃんでは5種混合ワクチンをお勧めしています。

ワンちゃんの場合
■6種混合ワクチン
犬ジステンパーウイルス、犬パルボウイルス、犬コロナウイルス、犬アデノウイルス2型、同1型、犬パラインフルエンザ

■8種混合ワクチン
6種混合に、レプトスピラ病(2種)をプラス

■ワクチン接種プログラム
第1回:6~8週齢
第2回:9~11週齢
第3回:12~14週齢
その後年に1回追加接種。
狂犬病予防接種は年1回。
ネコちゃんの場合
■3種混合ワクチン
猫ヘルペスウイルス1型、猫カリシウイルス、猫汎白血球減少症ウイルス

■5種混合ワクチン
3種混合にクラミジアシッタシー、と猫白血病ウイルスの2種をプラス

■ワクチン接種プログラム
第1回:8週齢
第2回:10~12週齢
その後年に1回追加接種。

各種予防接種も安心のオアシス動物病院へお任せください

岐阜市でワンちゃんを飼われている場合、市への登録と狂犬病の予防接種が義務付けられております。人間への感染拡大を防止するだけでなく、ひいては周囲の動物やペットのためにも大切なことですので、必ず受けるようにしましょう。
オアシス動物病院ではペットを飼う方に義務付けられている予防接種のほか、各種の疾病予防のためのワクチン接種も行っております。ワンちゃんはもちろん、ネコちゃんのご用意もございますので、健やかな成長のためにも是非ご検討ください。
動物の体は人間の体よりずっと小さく、デリケートです。ひとたびウィルスや菌に感染すれば、命をも奪う事態にもなりかねません。大切なペットが健やかに過ごすためにも、飼い主様が予防接種を受けさせることが大切です。岐阜市で信頼の獣医がしっかり対応させていただきます。
//トラッキングコード取得