初めてお越しいただく飼い主さまへ

初めてお越しいただく飼い主さまへ

治療の流れ

※動物を連れてくるとき
  • 犬:リードをつけて待ち合いにいる動物どうしで事故のないようにお気をつけください。
  • 猫:キャリーや洗濯ネットに入れて、待合にいる間にあまり興奮させないようにします。
1.受付(主訴)
1.受付(主訴)

どんな症状かを詳しくお話しください。
初診の場合はカルテをおつくりします。
「いつ頃から」「気になる症状・変化の様子」「食事(人間の食べ物や普段と違うものを食べていないか)」「既往症」「ワクチン接種の有無」などについてお話しください。

■ワクチン接種でご来院の際には、ワンちゃん・ネコちゃんの体調のいいときを選んで、お連れください。
その際、ワクチン接種の証明書をお持ちいただくか、最後にワクチンを接種した日を確認しておいてください。
また、ごく稀にワクチンの副作用が出ることがありますので、 一日ご在宅の日の午前中を選んで接種されることをお勧めします

↓
2.問診・診察
2.問診・診察

診察室で、動物を診察台に乗せ、現在の状況、元気・食欲の状態などをさらに詳しくうかがいます。
体の状態について 各部を触りながら調べ、体温を測ったり聴診器をあてたりします

特に高齢の犬・猫では、食欲の状況などからだけでは判別しにくい病状もあるので、 追加の検査も行います
※攻撃的な性格のワンちゃん・ネコちゃんの場合には、口輪やカラーをつけさせていただくことがありますのでご了承ください。

↓
3.追加の検査
3.(追加の検査)

場合によっては レントゲン検査やより詳しい血液や体液の検査を行います。

↓
4.現状の状態と治療の説明
4.現状の状態と治療の説明

今のその動物の状態について診察の結果をお話しし、 今後の経過予測や治療計画について詳しくお伝えします

↓
5.治療・処置
治療・処置

必要に応じて、 注射、目薬、飲み薬、鍼灸治療など治療・処置をします。

↓
6.薬の用意
(薬の用意)

ワンちゃん・ネコちゃんの種類や年齢・体格などに合ったお薬を処方し、 お家での与え方などご説明して処方薬をお渡しします

↓
7.終了

通院の必要がある場合や、ワクチンの次回の予定がある場合には予約の日取りをいたします。

犬・猫を飼い始めたら‥‥最初に健康診断と予防注射を

  1   1週間以上、おうちで慣らし、できるだけ一緒にいる時間をとって、 今いる環境がストレスにならないような状態になってから、当院につれてきてください。

↓

  2   子犬のときは聴診して胸の音を聞いたり、尿、便の、検査などを実施し、寄生虫の有無を調べたり、 体全体を触って骨格に異常がないかどうかを確かめます

↓

  3  もし問題があるようであれば、必要に応じて 追加の検査をする場合もあります

↓

  健康状態に問題が無く、時期を満たしていれば ワクチン接種をお勧めします。
ペットショップですでに接種している場合もありますので、時期についてはご相談ください。

↓

 5  理想的には、 ワンちゃんは5種混合または8種混合のワクチンを1歳になるまでに3回、 ネコちゃんは3種または5種混合のワクチンを1歳になるまで2回注射し、そこからは年1回混合ワクチンを注射します。

岐阜市でペットを飼い始めた際にはぜひ一度ご来院ください

ペットは家族の一員として、お一人暮らしの方からファミリー世帯やシニア世帯まで、岐阜市エリアでも犬や猫を飼い始めるご家庭が増えております。家族の一員だからこそ、元気に健やかに過ごしていけるよう、飼い始めた時にはぜひ一度当院までご来院ください。
オアシス動物病院ではペットの具合が悪い場合や怪我をした時の治療はもちろん、日々の健康管理や必要に応じた予防接種等を行っております。初めての健康チェックはペットが怖がる傾向にあるため、少しお家に慣れて落ち着いた段階でお連れください。
具合が悪い場合はそれまでの体調や症状等を詳しくお伺いさせて頂いております。そのため、日々の記録をつけておく事を推奨致しております。ペットに関してお困りの事がございましたら、いつでも安心のオアシス動物病院へお気軽にご相談ください。
//トラッキングコード取得