去勢・避妊手術

去勢・避妊は健康で長く一緒にいるためには
重要な選択肢のひとつ

避妊・去勢手術は繁殖の制限を目的とした手術ですが、それ以外にも性ホルモンに取って影響される 腫瘍(乳腺腫瘍、精巣腫瘍、肛門腫瘍)や生殖器疾患(子宮蓄膿症、子宮内膜炎、前立腺炎)の予防に、そのほかオスの発情期でのストレス軽減に役立ちます。

避妊手術

避妊手術

避妊手術は腹部に数センチの切開を加え、腹腔内から卵巣と子宮を摘出します。
ワンちゃんとネコちゃんでは切開する場所が少し変わってきますが、術式自体の大きな違いはありません。

発情を迎えている個体は各血管が太くなってきており、出血しやすくなっているため推奨はいたしません。
発情が完全に終わってからの施術です。

去勢手術

去勢手術

去勢手術は、犬の場合は陰嚢基部、猫の場合は陰嚢縫線(陰嚢先端の谷の部分)に切開を加え、 陰嚢内部の精巣を取り出して切除します

犬の場合は精巣が大きく、切開創を縫合するため抜糸が必要ですが、猫では切開創がわずかのため縫合の必要はありません。

避妊手術は開腹手術のため、1泊の入院が必要です。
去勢手術は日帰りが可能です。
手術費用は体重で変わるためお電話でお問い合わせください。

去勢や避妊をお考えの方もオアシス動物病院へご相談ください

可愛いペットに子供が生まれるのを楽しみにしている方もいれば、お住いのご事情などで増えるのは困るとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。そんな時は、岐阜市にあるペットのための信頼ある当院にご相談ください。
去勢や避妊というと人間のエゴだと思われたり、可哀想だと仰る方も少なくありません。ですが、生殖器系の疾患やホルモン異常によるガンを防ぐために必要な治療の1つでもあるのです。ペットの体に負担のない最適な治療をご提案しておりますので、まずはオアシス動物病院へご相談ください。
ペットの年齢や体調、発情の状態をしっかり判断し、ご家庭のご事情やご要望など真摯に受け止めながら、ペットにとっても望ましい手術を行います。安心して岐阜市のペットのためのかかりつけ医にご相談ください。
//トラッキングコード取得