オアシス動物病院ブログ

2018年01月10日

犬の乳腺腫瘍

新年最初の更新は、乳腺腫瘍をテーマにしました。

乳腺腫瘍は9歳~10歳のメスのワンちゃんでで発症することが多い腫瘍です。

犬種別では、最近はミニチュア・ダックスフンドでの報告が増えているようです。

 

年末に来院した子は大型犬でしたが年明けに乳腺腫瘍摘出術を行いました。

 

飼い主さんがなでていたところ、下腹部にしこりを感じられたようです。

大きさは小豆大でしたが、触診で複数見つかりました。

 

乳腺腫瘍は悪性の確率が50%だといわれています。

今回は飼い主さんが腫瘍の小さなうちでの手術を希望されたので、摘出しました。

 

腫瘍がまだ小さいのであれば手術で除去してしまえば根治の可能性も高まりますし、手術自体もスムーズに進みます。

 

悪性の場合は転移や自潰などワンちゃんを苦しめる要因がどんどん増えていきますから、ワンちゃんとコミュニケーションを密にとり、日頃からあちこちをなでてあげることで早期発見に努めましょう。

 

違和感を感じられたら、まずは動物病院にご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

オアシス動物病院の特徴や魅力が分かるブログを是非ご覧ください

岐阜市でペットのためのかかりつけ医として人気の獣医師が、ペットをお飼いの皆様にお役立ちいただける情報や、治療方針や治療内容についてブログにて詳しくご紹介しております。ワンちゃんやネコちゃんをお飼いの方は、是非ご参考になさってください。
オアシス動物病院は健康管理のための健康診断から各種予防接種、去勢や避妊手術はもちろん、日々の健康維持をサポートする鍼灸治療も行っております。他ではとても珍しい、東洋医学を用いたペットのための鍼灸です。
椎間板ヘルニアなどの痛みの緩和はもちろん、ケースによっては手術なしで症状が改善するケースもございます。ペットの体調で気になることがございましたら、経験豊富な岐阜市のペットのかかりつけ医にお気軽にご相談ください。

//トラッキングコード取得