オアシス動物病院ブログ

2018年05月22日

23日は臨時休診です

23日(水)は狂犬病集合注射のため休診とさせていただきます。

 

木曜日は定休診日ですのでご注意ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年04月29日

連休中の診察時間について

いよいよ今年もゴールデンウィークに突入しましたね。

皆さんもワンちゃんネコちゃんを連れてお出かけされると思います。

 

くれぐれも病気やケガにはご注意くださいね。

 

当院の連休中の診察時間は以下の通りです。

 

 

4/30(月) 全日休診

5/1  (火)    9:00~12:00 16:00~19:00

5/2  (水)    9:00~12:00 午後休診

5/3  (木)     全日休診

5/4  (金)     9:00~12:00 午後休診

5/5  (土)     全日休診

5/6  (日)     9:00~12:00 午後予約診療

 

午後休診が増えますので、お時間に注意してご来院ください。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年04月24日

ネコの去勢手術

今日はナツメちゃんの去勢手術を行いました。

 

もともと怖がりのナツメちゃん、麻酔から覚醒後、少し怒っている様子です。

 

ネコちゃんの去勢手術は日帰りが可能ですが、動物病院へネコちゃんを連れていく時はいかなる場合でも必ずキャリーに入れて連れて行きましょう。

 

最近ネコちゃんを飼いだして、キャリーを買おうとしている方もおられるかと思います。

キャリー選びのポイントは、広さはもちろんですが出入り口の数も重要なポイントです。

 

出入り口が一つの場合、なんとかネコちゃんを入れることができても、今度は出てきてもらうのに一苦労することはよくあります。

できれば前後が開くタイプ、上部が開けばなお良いです。

 

上部を開くことができれば、ネコちゃんがキャリーに入っていても、注射や皮下補液が可能な場合があります。

 

キャリーご購入の際には、いろいろな場合を想定して、長く使えるものを買ってあげて下さい。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年04月05日

ネコちゃんの去勢・避妊手術について

季節がら、この時期はネコちゃんたちの不妊手術がよく入ります。

 

オスの不妊主従を去勢手術、メスの不妊手術を避妊手術といいます。

当たり前のことを言っていると思われるかもしれませんが、電話口でお問い合わせをいただいていると、混同されてる飼い主さんは意外と多いです。

 

飼い主さんとしては子供を産めなくする手術だから大差ないのではないかと思われるかもしれませんが、動物病院としては大きな違いがあります。

 

まず、去勢手術ですがネコちゃんの場合、睾丸が小さいため5~7㎜程度の傷で済むため術後の縫合も致しませんし日帰りすることが可能です。

 

避妊手術の場合は卵巣・子宮を摘出するため開腹手術になります。入院も一泊必要ですし時間も去勢手術よりかかります。

 

ですので、去勢手術の申し込みをいただいていても来院されたときに女の子だったとなると準備や時間が大きく変わるため、予約診療などが入っていたときは当日にできなかったりすることがあります。

 

またメスのネコちゃんが発情期に入っている場合は、卵巣・子宮周りの血管が太くなりますので出血のリスクが上がります。手術では出血を防ぐため血管を縛ってから切るわけですが、各血管が太くなっている場合は一本一本を縛っていかなければならないため、時間も手間もかかりますから、発情期の手術は避けたほうがよいでしょう。

 

オスの場合は、発情期のメスの臭いや鳴き声などを感じて欲求が高まります。メスのような明確な発情期はありません(メスが交尾を許せばいつでも可能です)。

 

繁殖させる気が無いのであれば。不妊手術でストレスを軽減させて長生きしてもらいましょう。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年01月10日

犬の乳腺腫瘍

新年最初の更新は、乳腺腫瘍をテーマにしました。

乳腺腫瘍は9歳~10歳のメスのワンちゃんでで発症することが多い腫瘍です。

犬種別では、最近はミニチュア・ダックスフンドでの報告が増えているようです。

 

年末に来院した子は大型犬でしたが年明けに乳腺腫瘍摘出術を行いました。

 

飼い主さんがなでていたところ、下腹部にしこりを感じられたようです。

大きさは小豆大でしたが、触診で複数見つかりました。

 

乳腺腫瘍は悪性の確率が50%だといわれています。

今回は飼い主さんが腫瘍の小さなうちでの手術を希望されたので、摘出しました。

 

腫瘍がまだ小さいのであれば手術で除去してしまえば根治の可能性も高まりますし、手術自体もスムーズに進みます。

 

悪性の場合は転移や自潰などワンちゃんを苦しめる要因がどんどん増えていきますから、ワンちゃんとコミュニケーションを密にとり、日頃からあちこちをなでてあげることで早期発見に努めましょう。

 

違和感を感じられたら、まずは動物病院にご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

オアシス動物病院の特徴や魅力が分かるブログを是非ご覧ください

岐阜市でペットのためのかかりつけ医として人気の獣医師が、ペットをお飼いの皆様にお役立ちいただける情報や、治療方針や治療内容についてブログにて詳しくご紹介しております。ワンちゃんやネコちゃんをお飼いの方は、是非ご参考になさってください。
オアシス動物病院は健康管理のための健康診断から各種予防接種、去勢や避妊手術はもちろん、日々の健康維持をサポートする鍼灸治療も行っております。他ではとても珍しい、東洋医学を用いたペットのための鍼灸です。
椎間板ヘルニアなどの痛みの緩和はもちろん、ケースによっては手術なしで症状が改善するケースもございます。ペットの体調で気になることがございましたら、経験豊富な岐阜市のペットのかかりつけ医にお気軽にご相談ください。

//トラッキングコード取得