オアシス動物病院ブログ

2017年01月23日

ジンちゃん(椎間板ヘルニア)の鍼灸治療経過

昨年11月30日に椎間板ヘルニアで来院したジンちゃん。

8月に一度後駆麻痺になり、他院にて椎間板ヘルニアの診断がされました。

MRIによる画像診断では3か所でヘルニアが起きていると言われたようです。

その時は投薬と安静で歩けるようになったようですが、3カ月ほど経過して麻痺が再発したため今回の受診となりました。

 

治療開始から2ヶ月弱で、かなり歩けるようになってきました。

 

治療経過は以下の通り。

 

ジンちゃん:チワワ・♂・9歳

 

11/30初診

・自力歩行不可(後肢が交差して自分を支えることができない)

・ナックリング

・尿失禁

 

以後、週1回の鍼灸治療開始

 

12/11(4回目)

来院時に歩様確認

後肢の交差が無くなり、数歩の歩行

数歩歩くとよたついて転倒する。

 

12/26(6回目)

よたつきはあるものの、前回より2倍程度の歩行が可能

自分で動こうとする動作が増えてきた

 

1/6(8回目)

よたつくことが少なくなり、左右に揺れるものの歩行可能

 

1/20(10回目)

ほとんどよたつきが見られず歩行

飼い主さんの自己採点では8~9割の歩行回復

 

 

 

当初3か所のヘルニアということで長期の治療を予想していましたが、

2ヶ月弱で飼い主さんの目からみて8~9割の回復という結果になりました。

他にも2頭のワンちゃんが同居しており、多少の不自由は見られますが楽しそうに遊んでいるようです。

 

遊びが過ぎると再発する可能性もありますが、回復にある程度の目処がついたと思います。

もうしばらく治療を継続して、完全回復を目指していこうと思います。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年01月16日

冬になりやすい病気

現在、数年に一度の寒波のおかげで非常に寒い日が続いています。

 

こういう日は一年未満や老齢の子たちには体に大変な負担がかかりますので

体温が下がらぬように注意して下さい。

室温だけでなく湿度にも気を配りましょう。

心臓や呼吸器を患っている子たちには特に注意して下さい。

 

犬(特に老齢)を室外で飼っている場合は、玄関先でもいいので夜だけでも家の中に入れてあげるのも

いいでしょう。

 

このような寒い日は犬猫を問わず飲水量が減り、その結果尿量が減るため下部尿路疾患を起こしやすいです。

 

排尿の様子をよく注意していただき、頻尿などいつもと違う様子があったら早めに診察を受けるのがいいでしょう。

 

特に猫は尿管閉塞が起きると2日程度で亡くなる可能性もあります。

早期発見が回復への早道なのでご注意ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

オアシス動物病院の特徴や魅力が分かるブログを是非ご覧ください

岐阜市でペットのためのかかりつけ医として人気の獣医師が、ペットをお飼いの皆様にお役立ちいただける情報や、治療方針や治療内容についてブログにて詳しくご紹介しております。ワンちゃんやネコちゃんをお飼いの方は、是非ご参考になさってください。
オアシス動物病院は健康管理のための健康診断から各種予防接種、去勢や避妊手術はもちろん、日々の健康維持をサポートする鍼灸治療も行っております。他ではとても珍しい、東洋医学を用いたペットのための鍼灸です。
椎間板ヘルニアなどの痛みの緩和はもちろん、ケースによっては手術なしで症状が改善するケースもございます。ペットの体調で気になることがございましたら、経験豊富な岐阜市のペットのかかりつけ医にお気軽にご相談ください。

//トラッキングコード取得