オアシス動物病院ブログ

2015年12月30日

12月30日午後~1月3日までは休診日です

12月30日午後~1月3日までは休診日です。

 

皆様のペットたちは今年1年、健康に過ごすことができたでしょうか。

 

お正月は、いつもと違うものを食べて下痢を起こすことが多い時期ですから、お気を付け下さい。

 

あわててお正月に開いている病院を探すことなど無いよう、いつもと同じご飯でいつもと同じように過ごさせてあげて下さいね。

 

 

それでは、よいお年を。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年12月27日

子犬の寄生虫

もうすぐ4カ月のマルちゃん、元気・食欲は問題ないのですが、ウンチに見慣れないものを見つけて来院されました。

 

最初は輪ゴムでも食べたのかと思われたようですが、動くのを見て驚かれたそうです。

持ってこられたモノを拝見したところ、頭部が特徴的なスペード型をしてました。

 

回虫です。子犬で割とよくみられる寄生虫です。

 

回虫の「回」か体の中を動き回るという意味です。

寄生虫が体内にいると、栄養を持っていかれて発育不良を起こしたり、多くの虫がいる場合腸閉塞を起こすこともあります。

 

今回は虫体を見つけただけで他に症状が無かったので、虫下しを服用してもらいました。

継続検査は必要ですが、発見が早かったため問題なさそうです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年12月19日

幼犬の毛包虫症

最近来院した八朔ちゃん。

しつこい皮膚病に悩まされています。

 

検査の結果ニキビダニが発見されたため、毛包虫症の治療を始めました。

 

まずは最近発売された薬のブラベクトからです。

効用外の使用ではあるものの、海外では効果が多く認められているお薬です。

 

毛包虫症やブラベクトに関しては、もう少し詳しくブログに上げてあるので、よろしければそちらもご覧下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年12月19日

犬の毛包虫症

ワンちゃんの飼い主の皆さんは、ニキビダニというダニをご存じでしょうか。

 

「毎月背中に薬を着けて予防するアレでしょう?」なんて声が聞こえてきそうですが、月に1回のノミ・ダニ予防に使用する薬では予防できない種類のダニです。

主に幼犬に見られる皮膚疾患なのですが、非常に獣医さん泣かせの病気です。

 

このニキビダニが過剰に増殖したり、ストレスなどで抵抗力が低下すると発症することがあるようです。

ニキビダニを検査するには、病変部を鋭匙や少し切れ味を鈍くしたメス刃などで微出血が見られるまでこすって検体を採取します(搔爬検査)。

これには皮膚片などの角質が多く含まれているため、これを溶解する薬剤を使用してから、顕微鏡検査をします。

 

仮に検査の結果、ニキビダニが発見されたとしてもまだ断定はできません。

なぜなら健康犬にも高確率で寄生しているからです。結果=診断といかないのが獣医さん泣かせの理由である一つです。

 

検出されれば寄生しているのは間違いないので治療を始めていきますが、非常にしつこいダニで治療には時間がかかります。

ここに獣医さんを悩ませるもう一つの理由があります。

 

治療は二次感染を防ぐための抗生物質と殺ダニ剤を併用していきます。

殺ダニ剤には様々なものがありますが、しつこいダニをやっつけるには、やはり強力な薬が必要で昔はアミトラズが主に使われていたようです。

 

アミトラズは効果抜群の反面、強力な薬のため副作用も大きく体調を崩す場合が多いようです。

フィラリア予防に使うミルべマイシンを使用する例もあるようですが、推奨使用量を超えて使うためこちらも心配です。

 

ですが、最近出された薬でいいものがありました。

商品名を「ブラベクト」といい、一度投与すると3カ月の間ノミ・マダニを予防するというお薬です。

 

冒頭で「ノミ・ダニ予防に使用する薬では予防できない種類のダニです」という話をしましたが、この薬もニキビダニは効用外の使用です。

ですがニキビダニに悩む獣医さんは世界共通のようで、外国ではブラベクトがニキビダニに効果があるという研究がされており効果が認められています。

 

アミトラズのような副作用も起きにくくミルべマイシンのように量を増やす必要もないため。日本でもそれに倣う獣医さんが増えてきています。

 

症状と相談しながら、効果が出なければ他の殺ダニ剤を併用する可能性は残りますが、治療をスタートする薬としてはいいお薬だと思います。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年12月18日

腎不全猫の補液間隔

腎不全でここ1カ月ほど、週3回の皮下補液をしてきたチャチャちゃん。

今、ヒルズのk/dドライを主に食べています。

 

体重・食欲が安定しており、日常と所作が変わらないとのことですので補液間隔を週2回に変えてみます。

 

今後の補液間隔は、チャチャちゃんと相談しながらになりそうです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

オアシス動物病院の特徴や魅力が分かるブログを是非ご覧ください

岐阜市でペットのためのかかりつけ医として人気の獣医師が、ペットをお飼いの皆様にお役立ちいただける情報や、治療方針や治療内容についてブログにて詳しくご紹介しております。ワンちゃんやネコちゃんをお飼いの方は、是非ご参考になさってください。
オアシス動物病院は健康管理のための健康診断から各種予防接種、去勢や避妊手術はもちろん、日々の健康維持をサポートする鍼灸治療も行っております。他ではとても珍しい、東洋医学を用いたペットのための鍼灸です。
椎間板ヘルニアなどの痛みの緩和はもちろん、ケースによっては手術なしで症状が改善するケースもございます。ペットの体調で気になることがございましたら、経験豊富な岐阜市のペットのかかりつけ医にお気軽にご相談ください。

//トラッキングコード取得