鍼灸治療ブログ

2015年11月17日

犬の気管虚脱における鍼灸治療

お家のワンちゃんが突然「ガーガー」とガチョウの鳴き声のような声を出して呼吸が乱れるということはないでしょうか。そのような症状の場合、多くは気管虚脱が疑われます。

 

遠く滋賀県から来院されたチョビちゃんもそんなワンちゃんの一頭です。

ご自宅が滋賀県のため近所にかかりつけの動物病院を持っており、そこで気管虚脱との診断を受けました。

気管拡張剤などの投薬治療を開始しましたが、症状に改善が見られないということで鍼灸治療を希望されての来院です。

 

チョビちゃんは今年の一月にも椎間板ヘルニアで来院され、3回の施術で歩行が完全に戻りました。これは当院の新記録です。

 

11月8日が初回の治療で大椎・身中・霊台・肺兪(左右各1穴)に施術しました。

14日が2回目の治療でしたが状態はほぼ改善されておりました。

 

前回の椎間板ヘルニアの早い回復も考えると、チョビちゃんには非常に鍼灸治療がよく効くようです。

 

鍼灸治療には非常に広範囲の治療効果が期待できます。

さまざまな症状で悩んでおり鍼灸治療に興味をお持ちの方は、ご相談ください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オアシス動物病院
住所:岐阜県岐阜市又丸915-3
TEL:058-234-0234
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

//トラッキングコード取得